2018年1月 7日 (日)

重心を見つける

新年明けまして,おめでとうございます。

 今年は、福井国体の年です。クラブの卒業生の中にも選手として活躍してくれる選手がいます。各代表選手がベストのパフォーマンスで望めますように、お祈りしております。また、後輩たちも、未来に向かってさらに羽ばたいてくれることを願っています。

 みなさんも、今シーズンの中心となる目標をしっかりと立てて取り組みましょう。

 さて、目標を立てて1年のスタートを切るわけですが、走る(跳ぶ・投げるも含めて)ということの目標は、重心を速く・高く・遠くへと運ぶことです。では、重心とはいったいどこにあるのでしょう。簡単にいうと、その物体(重力・重さ)を支えてバランスがとれる点(位置)ということでしょうか。

 手のひらに長い棒をたてて乗せ,倒れないようにバランスを取ってみてください。①うまくバランスがとれていると棒はたったまま動きません。②棒がどちらかに傾いたら、傾いた方向に手を動かすことで棒は再び立って止まります。③棒が傾いたらその傾きをそのままの状態に保とうとすると傾いた方向に手を差し出しながら一緒に移動しなければならなくなります。

 ①は静止状態で、重心の真下に接地点があるということになります。②はブレーキをかける状態で、移動した重心の前に接地点をもってきた状態です。③はまさに移動状態となり、移動する重心とともに接地点も移動させていく状態ですね。すなわち、③と同じ状態を作り出すのが走るということです。

 直立姿勢を崩さず身体を傾けることで、同じように身体の重心が移動することがわかります。姿勢によって変わる重心の位置を意識し、前へ前へと重心移動していくように、反射的に身体が動くごとが、理想の走りとも言えるでしょうか。

 走るトレーニングは、バランスを取る。バランスを崩す。ことを、くり返しながら加速を生み出す究極のタイミングを見つけていくことかもしれません。

 みなさんも、自分の重心を見つけて、スムーズに重心を移動することができる『体の軸』や『接地』を意識した動き作りを心がけましょう。

1月5日(金)の練習メニュー(参加者29名)

① 基本動作(乗り込み・重心移動・スキップ各種)

② ダイヤモンドリレ×6

③ ジャベリックボール投げ

④ もも上げドリル

1月4日(木)の練習メニュー(参加者15名)

① 基本動作(スキップ系各種)

② ダイヤモンドリレ-×4

③ ジャベリックボール投げ

④ 雑巾がけローラーリレー×5

⑤ ミニハードルドリル(スキップAコーディネーションドリル

2017年12月29日 (金)

速く走るためのポイント

 速く走るためのポイントは、『地面にしっかりと力を伝えることで得られる地面からの反発力を、無駄なく推進力に変えていく』ことです。そのために上半身や下半身を効率よく動かし、腱反射を使って自然に力が発揮しやすい接地を身に付ける必要があります。

 様々な練習は、この目的を達成するために工夫・計画をしていきます。選手は練習を通して、常に試行錯誤しながら自分にあった走技術を身につけていくことが大切です。

12月28日(木)の練習メニュー(参加者21名)

① 動き作り(体の軸と重心移動を意識したドリル)

② 基本動作リレー(股関節を支点とした動きと体の軸を意識)

③ ジャベリックボールスロー練習(やり投げの動作を意識)

④ ダイヤモンドリレー×4

⑤ ラダーダッシュ&ミニハードルスキップAダッシュ(1on1方式)

12月25日(月)の練習メニュー(参加者17名)

① コアドリル

② コーディネーションドリル(ボールを使った動き作り、重心移動を意識した動き作り)

③ ミニハードルドリル(腕振りと弾みのタイミング)

④ ダイヤモンドリレー

12月20日(水)の練習メニュー(参加者6名)

① ラダードリル

② ミニハードルドリル

2017年12月16日 (土)

思った通りに自分の体を動かす

 冬季に入って、動き作りが中心の練習になっていますが、その目的の一つは「思った通りに自分の体を動かせるようになる」ことです。

 指示を聞いたり見本の動きを見たりして、自分の頭で考えて動いてみることが大切です。アスリートにとって、無駄な練習は何一つ無いと思っています。しかし、十分考えずにやり方を間違えたり、いい加減な動きを繰り返したりと、練習を無駄にすることは無限に存在します。大切な練習を無駄にしないように常に考えて取り組めるようになりましょう。

12月15日(金)の練習メニュー(参加者17名)

① 動き作り

② ミニハードルドリル

12月12日(火)の練習メニュー(参加者48名)

① 動きづくり

② 変形ダッシュ

③ 課題走リレー

12月8日(金)の練習メニュー(参加者17名)

① ラダードリル1+ミニハードルドリル2+ミニコーンドリル3+コーンドリル1

  (サーキット形式)

② 雑巾がけローラーリレー

③ 課題走(腕振り制限)

12月7日(木)の練習メニュー(参加者28名)

① 動的ストレッチ

② スキップ

③ タコとタイ(変形ダッシュ)

④ 人間ラダー

12月5日(火)の練習メニュー(参加者50名)

① 動きづくり

② 変形ダッシュ

12月1日(金)の練習メニュー(参加者16名)

① 動きづくり

② 変形ダッシュ

③ ミニハードルドリル(スキップA)

2017年11月30日 (木)

変形ダッシュ

 変形ダッシュは、『音に反応して素早く動く。』という目的がありますが、動き方はどのような動きでもよいというわけではありません。どのように体を動かすと前方に移動しやすくなり、加速していけるのかを考え、重心移動をスムーズに加速していく感覚を磨く練習です。

 「ただ単に立ち上がって、走り出している君!よーく考えて練習してみよう。」

11月30日(木)の練習メニュー(参加者31名)

① 動きづくりドリル

② 変形ダッシュ

  動き方を考えて行なうことで、動きが見違えるようになってきた人も見られました。

11月28日(火)の練習メニュー(参加者49名)

① 動きづくりドリル

② 変形ダッシュ

③ コーディネーションランニング

④ 人間ラダー

2017年11月26日 (日)

走・跳・投のために

 走り、また跳んだり投げたりするためには身体を思った通りに使いこなすこと、そして重心の位置を知りスムーズに重心を移動させることがとても重要です。冬季トレーニングでは、「どうしたら体を思い通りに動かせるのか。」「重心を移動させるというのはどういうことなのか。」人間が持っている感覚を最大限に使いながら、体力をつけていく練習を繰り返し行います。

11月24日(金)の練習メニュー(参加者15名)

① 基本動作

② ラダー+コーナーポスト+ミニハードル+スタートダッシュのインターバル

③ サーキットトレーニング(4種目×4セット)

11月17日(金)の練習メニュー(参加者15名)

① 基本動作

② ラダー+ミニハードル+スタートダッシュのインターバル

③ サーキットトレーニング(4種目×3セット)

11月15日(水)の練習メニュー(参加者15名)

① 基本動作

② ミニハードル(スキップAドリル)+スタートダッシュのインターバル

③ サーキットトレーニング(4種目×5セット)  

11月10日(金)の練習メニュー(参加者25名)

① コンディションランニング

② じゃんけんコーンレース10往復+6往復

③ 半月リレー(100m+50m)×2本

11月7日(火)の練習メニュー(参加者49名)

① コンディションランニング

② 半月リレー《7×(100m+50m)》

11月6日(月)の練習メニュー(参加者21名)

① コーン集めリレー

② 池と鯉

③ コーンステップドリル(リレー形式)

 2m間隔においたコーンのインターバルを、いろいろなステップで越えていくリレーを行いました。

④ 1400mリレー(6年4人チーム・2年7人チーム・3年4年5人×2チーム)×2本

2017年11月20日 (月)

坂井地区秋季陸上競技記録会

11月5日(日)坂井地区秋季陸上競技記録会

 今シーズン最後のトラック競技になります。肌寒い中でしたが、天候にも恵まれ、参加した子どもたちは自己ベスト目指して頑張りました。結果は以下のアドレスをアドレスバーにドラッグしてください。

Img_7585

Img_7586

Img_7589

Img_7596




http://sakai-aa2006.sakura.ne.jp/%E8%A8%98%E9%8C%B2%E7%B5%90%E6%9E%9C/

11月2日(木)の練習メニュー(参加者34名)
① コンディションランニング
② 種目練習(ジャベリックボール・走り幅跳び・短距離)
  ジャベリックボール:メディシンボール投げ&スロー練習
  走り幅跳び:4・4・5の助走(加速)練習・足合わせの技術
  短距離:3段階課題走&ドンチケタ(ドンジャンケンリレー)

11月1日(水)の練習メニュー(参加者14名)
① コンディションランニング
② 種目練習(ジャベリックボール・走り幅跳び・短距離)
  ジャベリックボール:メディシンボール投げ&スロー練習
  走り幅跳び:4・4・5の助走(加速)練習・足合わせの技術
  短距離:ミニハードルダッシュ&クラウチングスタートダッシュ

2017年10月23日 (月)

福井県小学生陸上競技秋季大会

福井県小学生陸上競技秋季大会は、台風21号が接近する中、リレー競技を中止し、トラック競技をすべてタイムレースとして開催されました。

4m前後の雨風が吹く中、子供たちは自然の中で行う陸上競技を十分楽しんで?くれました。

そんな中、立待RCは、4年男子80m・6年女子ジャベリックボール・6年女子走り幅跳びで3名の入賞者を出すことができました。

力走する三年生

Img_7516

Img_7521

Img_7525

Img_7529

        

ご協力いただいた体育主任・応援に来てくださった先生方、保護者の皆様ありがとうございました。

入賞者一覧は、以下のアドレスからご覧いただけます。

http://www4.fctv.ne.jp/~k-hi1061/jr/results/20171022autumn.pdf

10月10日(金)の練習メニュー(参加者15名)

① コンディションランニング

② 種目練習 他 ミニハードルラン

10月19日(木)の練習メニュー(参加者38名)

① コンディションランニング

② 種目練習 他 エンドレスリレー

10月14日(土)の練習メニュー(参加者16名)

① コンディションランニング

② ミニハードルメニュー(インターバル2歩)2m~4.5m(5m)

③ 4×100mリレー

④ コーン集めリレー(2人組)・ジャベリック・バトンパス練習

10月13日(金)の練習メニュー(参加者23名)

① コンディションランニング

② ミニハードルメニュー(インターバル2歩)

10月6日(金)の練習メニュー(参加者24名)

① 基本動作

 ○股関節ドリル ○膝引き出しドリル ○振り戻しドリル

② 基礎体力

 ○スタビライゼーション+ダッシュ

10月3日(火)の練習メニュー(参加者47名)

① コンディションランニング

② 種目練習&ミニハードル+スタートダッシュ(クラウチングスタートの基本練習)

2017年10月 4日 (水)

秋季練習

 秋のシーズンになりどんどん涼しく,走るには気持ちよい季節になってきました。

新規に参加するようになった子や、連体開けで2~4年生は久しぶりの練習になったので、基本ドリル中心のメニューを組みました。来週は、秋季大会への準備練習をしっかり入れたいと思います。

9月30日(土)の練習メニュー(参加者13名)inふくい健康の森400mトラック

① コンディションランニング

② ミニハードルメニュー

③ 変形ダッシュ&ジャベリックボール

④ リレー

9月29日(金)の練習メニュー(参加者17名)

① ハードルドリル

② ミニハードルドリル

③ 種目練習

9月28日(木)の練習メニュー(参加者17名)

① ミニハードルメニュー

② ミニハードルラン

③ 種目練習

9月23日(土)の練習メニュー(参加者14名)inふくい健康の森400mトラック

① コンディションランニング

② メディシンボールリレー

③ 種目練習(ジャベリックボール&スプリント)

④ 4×100mリレー(5×80mリレー)×2本

9月22日(金)の練習メニュー(参加者17名)

① コンディションランニング

② 種目練習(ハードル&幅跳び&ジャベリックボール&スプリント)

9月20日(水)の練習メニュー(参加者21名)

① 基本動作

② スキップランニング

③ プライオメトリックスランニング

④ 変形ダッシュ

9月14日(木)の練習メニュー(参加者20名)

① ミニハードルメニュー(股関節活性化プログラム)

② ミニハードルメニュー(アジリティプログラム)

③ ミニハードルメニュー(フォーム作り)

2017年9月22日 (金)

鯖江市小学校連合体育大会

 夏休み後半から、5・6年生は9月12日の連合体育大会に向けて練習をはじめてきました。その間、コーチも練習の指導に当たるため、RCの練習はお休みで4年生以下は自主トレとなりましたが、RCの子供たちも色々な競技に活躍してくれていました。

 本番は、雨で1日流れての13日開催となりましたが、好天に恵まれて気持ち良い大会日和となり、立待小学校の子供たちは大活躍してくれました。8の字回旋跳びは、陸上選手以外の児童が取り組む種目ですが、伝説に残る結果を出してくれました。また、全員走・陸上種目での入賞者総数では鯖江市トップだという体育主任の話で、立待RCも少しは全体の底上げに貢献しているのかなと、一安心しました。

 詳しい結果はこちらから→8の字回旋跳び(h29.xlsをダウンロード

             陸上競技種目(rikujyo.xlsをダウンロード

2017年9月16日 (土)

29年9月9日9秒98世界歴代99位の記録

 やりました。桐生選手!日本人初の100m9秒台!

しかも、この福井県の地で行われた全日本学生選手権大会においてです。「今日は9月9日だから9秒台出るかもね。」と期待を込めた冗談を言いながら、私は競技者係として競技運営に携わりながら歴史的な現場に、立ち会うことができました。感激です。

 選手招集所での多田選手と桐生選手の様子は、若干、多田選手に緊張がただよっていたようで、桐生選手はリラックスしているように見えました。桐生選手はよくトイレに行くなぁという印象でした。(そこで緊張をほぐしていたのでしょうか。)

 レースは、メインスタンド下40m付近で観戦することができました。目の前を通過したときは多田選手が頭一つ出ていたのですが、そこから桐生選手の加速が後ろから見ていてもグーンと伸びるのがわかるほどで、鳥肌が立ちました。

 その後、持ち場へ戻ると招集所入り口付近で号泣している土江コーチの姿が見えました。土江コーチの苦労は計り知れないものがあったのだろう。と想像しながら、心の中で「おめでとうございます。」と、声を掛けさせてもらいました。

8月18日(金)の練習メニュー(参加者14名)

① コンディションランニング

② 変形ダッシュ&スタビライゼーションダッシュ

③ ハードル練習&ジャベリックボール

9月2日(土)の練習メニュー(参加者12名)

① コンディションランニング

② 変形ダッシュ&スタビライゼーションダッシュ

③ メディシンボールリレー